社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【ダイバーシティに関する取り組み】オリンパスの事例

【ダイバーシティに関する取り組み】オリンパスの事例

今回は、組織のダイバーシティを強化する取り組みについて、

オリンパスの事例をご紹介します。

 

オリンパスでは、人事制度の見直しや働き方改革を実施しており、

グルーバルに活躍できる組織作りを進めています。

 

1. 女性活躍を推進する多くの取り組みを実施

■—————————————————————————————

オリンパスが特に力を入れている取り組みの1つが、女性活躍の推進。

女性管理職や、女性管理職を目指す人向けの研修を実施しており、

2024年度までに2019年度比で女性管理職を倍増させる計画です。

 

ほかにも、不妊治療や病気でもキャリアを中断しなくて良いよう、

独自の有給休暇を導入しています。

育児と介護の両立を支援するワークショップも、代表的な取り組みです。

 

2. LGBTに関する取り組みも

■—————————————————————————————

セミナーによる社内の理解促進や、相談窓口の設置など、

LGBTに関する取り組みも実施しています。

 

2021年4月からは、

企業が認める範囲で就業場所を自由に選べるようにするなど、

働き方の自由化にも積極的です。

 

3. 中小企業こそ多様な人材の受け入れが重要

■—————————————————————————————

ダイバーシティは、コストや人員に余裕があり、

グローバルな競争力が必要な大企業だけの問題と

考えられているケースがありますが、そうではありません。

 

労働力不足が顕著になっている近年、

中小企業こそ、多様な人材を受け入れなければ成長は止まってしまいます。

他社の取り組みを参考にしながら、

ダイバーシティを少しずつでも進めることが重要です。

 助成金の相談はこちら