社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【関西地方を中心に代位弁済が増加】コロナ禍の長期化が背景に

【関西地方を中心に代位弁済が増加】コロナ禍の長期化が背景に

今回は、関西地方で代位弁済が増えてきている現状を解説します。

 

要因と見られているのは、コロナ禍の長期化です。

具体的に見ていきましょう。

 

1. 関西企業における7~9月の代位弁済額が増加

■—————————————————————————————

信用保証協会が借金の返済が難しい企業の債務を肩代わりする、

「代位弁済」の額が、関西地方の企業で増加傾向にあります。

 

2021年7月~9月の代位弁済額は140億円。

直前の4月~6月と比べて37%の増加です。

 

東京都では19%の増加であり、

やはり関西地方の増加幅は大きいといえます。

 

2. 背景にはコロナ禍の長期化が

■—————————————————————————————

代位弁済額増加の背景にあると考えられているのは、

コロナ禍の長期化です。

 

コロナ対策として実施された「ゼロゼロ融資」は、

多くの企業が据え置き期間を1~3年としています。

想像以上にコロナ禍が長引いている中で返済が始まり、

代位弁済を求める企業が増えていると見込まれます。

 

3. 資金繰りに不安を感じている場合は専門家への相談を

■—————————————————————————————

資金繰りに不安を感じている場合は、

外部機関に相談する方法も効果的です。

 

例えば経済産業省では、融資の申し込みを検討している事業者向けに

「資金相談特設サイト」を設置しています。

 

数年後に後悔しないよう、

ぜひ外部機関への相談も検討してください。

 助成金の相談はこちら