社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【コロナ禍におけるメンタル不調の増加】特に40〜50代に多い傾向

【コロナ禍におけるメンタル不調の増加】特に40〜50代に多い傾向

今回は、株式会社NTTデータ経営研究所の調査を元に、

コロナ禍におけるストレス状況を解説します。

年代や役職別の回答結果も紹介するため、

ぜひ自社での対策に活かしてください。

 

【出典】

「働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査」|NTTデータ経営研究所

 

1. コロナまん延以降にストレスが増加した人が多い

■—————————————————————————————

今年の6~7月、NTTデータ経営研究所では、

50人以上の事業所で働く20~50代の労働者を対象に、

メンタルヘルスに関する調査を実施しています。

※1022人から有効回答

 

調査の結果、精神的健康度が低い状態にある人は、

45.3%にあたる463名であることが分かりました。

また、そのうちの約6割が、

コロナまん延以降にストレスが増加したことも分かっています。

 

2. 年代や役職別に見ると……

■—————————————————————————————

年代別に見ると、精神的健康度合いが低い人は、

20~30代で41.6%、40~50代では48.2%です。

このうち、コロナまん延後にストレスが増加した人は、

40~50代では64%にものぼります。

 

また役職別では、管理職がコロナまん延以降に

ストレスが増加している傾向にあることも分かっています。

 

3. ストレスチェックに期待していない人も多数

■—————————————————————————————

同調査では、ストレスチェックへの期待度も調査しており、

「期待している」の34.5%に対し、

「期待していない」は65.5%と大幅に上回っていました。

 

期待していない背景としては、ストレスチェックをはじめとした、

各企業におけるメンタルヘルスケアの取り組みが

十分ではないことが考えられます。

 

コロナ禍でストレスを感じている労働者が増えている中、

ぜひ自社における取り組みを見直してみてください。