社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【スーツが5,000円前後に】利益を出すためのカラクリとは

【スーツが5,000円前後に】利益を出すためのカラクリとは

今回は、スーツの格安化と、

利益を出すためのカラクリについて紹介します。

 

1.  スーツの格安化が進む。5,000円前後の商品も

■—————————————————————————————

かねてから格安化が進んでいたスーツが、

ついに5,000円台前後で販売されるようになっています。

 

以前までは、2万円でも「安価」に該当したスーツですが、

働き方の柔軟化を背景に、スーツの需要は以前ほど大きくありません。

 

2.  新型コロナウイルスの流行がスーツの格安化に拍車をかける

■—————————————————————————————

スーツの格安化に拍車をかけた出来事が、

新型コロナウイルスの流行です。

 

テレワークや自転車通勤の増加にともない、

安くても、動きやすくて普段着にできるスーツを求める人が増えています。

 

3.  人件費や装飾費を削減した4,800円スーツ

■—————————————————————————————

格安スーツを販売している代表ともいえる存在が「AOKI」です。

AOKIが2021年2月に販売開始した『アクティブワークスーツ』は、

4,800円(税込)と驚きの値段設定で、約1か月で5,000着も売れています。

 

破格の値段設定を可能としている背景にあるのが、

人件費と装飾費の削減です。

 

オンライン限定販売にすることで人件費を抑え、

内ポケットや袖のボタンを減らして装飾費を削減しています。

ハンガー付きガーメントバッグを使わずに、

小さく畳んで配送している点も工夫のひとつです。