社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【働き方の変化に対するリアルな声】コロナ後はどうなる?

【働き方の変化に対するリアルな声】コロナ後はどうなる?

今回のテーマは、日系ウーマノミクス・プロジェクトのアンケートを元にした、

「コロナ後の働き方」です。

 

アンケート調査は、小学生以下の子を持つ男女119人を対象としています。

どのような結果が出ているのでしょうか。

 

【出典】

在宅と出社の「ハイブリッド」望む 働く親の座談会|NIKKEI STYLE

 

1. 85%が「働き方が変わった」今の働き方に満足する人も多い

■—————————————————————————————

アンケートでは、「働き方が変わった」と回答した人が85%にのぼっています。

さらに、今の働き方に満足する人は67%です。

 

働き方に満足する理由としては、

出社と在宅勤務を選択できるようになり、

働き方の自由度が増したことが大きく影響しています。

家事や育児の時間が増えたことも、満足度が向上した理由のひとつです。

 

2. 一方で働き方に不満を持つ人も

■—————————————————————————————

働き方に満足する人が多い一方、不満を抱えている人も33%います。

不満の理由としては、「テレワークを増やしたい」

「家事や育児の時間が増えたことで生産性が低下した」などです。

 

テレワークの少なさや、家庭での問題を挙げる人が少なくありません。

 

3. テレワークと在宅勤務を自由に選びたい人が多数

■—————————————————————————————

子育て世代の理想的な今後の働き方として、

「テレワークと出社を柔軟に選択したい」という意見が多かったようです。

 

今後、コロナが落ち着いたからといって働き方を元に戻せば、

従業員離れが進む可能性があります。

 

企業としては、働き方に対する考え方を根本から見直しつつ、

最適な対応を見極めることが重要です。