社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【塩野義製薬が週休3日制を導入】目的や運用のルールをご紹介

【塩野義製薬が週休3日制を導入】目的や運用のルールをご紹介

今回は、週休3日制の導入事例として、

塩野義製薬の取り組みを紹介します。

 

今年6月、政府が骨太の方針内に盛り込んだことで注目を浴びている、週休3日制。

 

ぜひ、他社の事例を自社での参考にしてください。

 

1. 組織全体のイノベーション力を高める目的

■—————————————————————————————

塩野義製薬は、2022年4月から

週休3日制の運用を始める予定です。

 

大学院通学をはじめとした学び直しなどを想定しており、

組織全体のイノベーション力を高める目的があります。

 

同時に副業も解禁し、スキルアップや人脈づくりも促進します。

 

2. 運用のルールは?

■—————————————————————————————

塩野義製薬における週休3日制の対象者は、

入社3年未満の社員と管理職(マネジャーなど)以外。

取得にはあらかじめ申請が必要で、

1年ごとの再申請が可能です。

 

平日の希望する曜日を3日目の休みにでき、

給与は週休2日と比べて8割になります。

 

3. 週休3日制の導入目的は企業によってさまざま

■—————————————————————————————

週休3日制の導入目的は、企業によって異なります。

学び直しのほかには、育児・介護と仕事の両立、

生産性向上などが一例です。

 

週休3日制のメリットが報告されれば、

今後導入する企業はますます増えるでしょう。

ぜひ、今回の内容を自社における導入検討時の参考にしてください。