社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【飲食店の生き残り策】宅配サービスの開始や業態転換

【飲食店の生き残り策】宅配サービスの開始や業態転換

今回は、飲食店がコロナ後を生き残るために行っている取り組みについて、

都内の事例をご紹介します。

 

ワクチン接種も広まり徐々に経済活動が戻っている中、

都内の飲食店ではどのような取り組みを行っているのでしょうか。

 

1. 宅配やテイクアウト販売を開始

■—————————————————————————————

コロナの影響で外食需要が戻りきらない中、

宅配やテイクアウトでの販売を開始する店舗が増えています。

 

株式会社エフ・エフ・アルファでは、

コロナ禍で、生パスタ宅配店「和太利庵」のフランチャイズ展開を開始。

8か月間で40店舗が加盟するほどの人気ぶりです。

 

2. 居酒屋がラーメン屋に業態転換するケースも多い

■—————————————————————————————

居酒屋がラーメン屋に業態転換するケースも多いようです。

ラーメンは国民食ともいえる存在であるため、集客しやすい傾向にあります。

 

居酒屋やイタリア料理店を経営する「弥七」は、

昨年末に新橋駅前の居酒屋をラーメン屋にしました。

ラーメン事業参入が進むと見込み、

フランチャイズ展開を進めている店舗もあります。

 

3. 業績が低迷している企業はぜひ参考に

■—————————————————————————————

業績が低迷している企業は、

新事業の展開や業態転換が選択肢のひとつとなるでしょう。

 

今回ご紹介した飲食店の事例のように、

コロナ禍を機に事業の在り方を大きく変えようとする動きは盛んです。

ぜひ、他社の取り組みや業界の傾向を、

今後の事業展開に活かしてください。