社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【65歳以上の高齢者が最多に】働く高齢者も増加

【65歳以上の高齢者が最多に】働く高齢者も増加

今回は、総務省統計局の調査を元に、

高齢者の人口について詳しく紹介します。

 

少子高齢化が進んでいることは周知の事実ですが、

統計で見るとどのような特徴があるのでしょうか。

 

【出典】

総務省統計局「高齢者の人口

 

1. 総人口の29.1%が65歳以上の高齢者

■—————————————————————————————

総務省では、敬老の日にちなんで、

65歳以上の高齢者に関する統計を発表しました(2021年9月15日現在)。

 

65歳以上の高齢者は3,640万人と過去最多。

総人口に占める割合は29.1%です。

これは世界で最も高い割合であり、

2位のイタリアを5.5%も上回っています。

 

2. 65歳以上の就業者数は906万人

■—————————————————————————————

2020年における高齢者(65歳以上)の就業者数は906万人と過去最多です。

高齢者就業率にすると25.1%。

高齢者の約4人に1人が働いている状況です。

 

男女別に見ると、男性が34.2%、女性が18%でした。

 

主要国の中では、韓国に次ぐ2番目の高さとなっています。

 

3. 65歳以上の高齢者数・就業率を業種別に見ると

■—————————————————————————————

高齢者の就業者数を業種別に見ると、

最も多いのが卸売業・小売業で128万人。

次いで農業・林業が106万人、サービス業104万人です。

 

高齢者の就業率で見ると、農業・林業が53%で最も高く、

次に不動産・物品賃貸業の26.4%となっています。

 

業界によって高齢者の就業に傾向があります。