社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【公務員の非正規雇用】ほとんどが将来に不安!民間企業でも注意

【公務員の非正規雇用】ほとんどが将来に不安!民間企業でも注意

今回は、非正規公務員における

待遇面の課題について解説します。

 

民間企業にも通ずる課題であるため、ぜひ参考にしてください。

 

1. 非正規公務員の処遇改善。現実は……

■—————————————————————————————

自治体の窓口で働く多くは、非正規の女性職員です。

2020年4月から、臨時・非常勤職員のほとんどが

会計年度任用職員になり、期末手当(ボーナス)や退職金の対象となりました。

 

しかし、公務非正規女性全国ネットワーク(はむねっと)の調査によると、

回答者1,252人の77%が年収250万円未満、

半分以上が200万円未満であることが分かっています。

 

2. ほとんどの非正規公務員が待遇に悩んでいる

■—————————————————————————————

非正規公務員が新たに期末手当や退職金の対象となったものの、

時間給の引き下げなどで、人件費を抑えようとする動きがあることも事実です。

 

公務非正規女性全国ネットワーク(はむねっと)の調査では、

実に94%が将来に不安を抱えていることも分かっています。

 

また、窓口対応で多くの住民と関わっているのに、

非正規はワクチン接種を後回しにされるなど、待遇格差は多方面に見られます。

 

3. 民間企業でも非正規雇用の待遇格差に注意

■—————————————————————————————

今回は公務員の例でしたが、民間企業においても

非正規雇用の待遇格差には注意が必要です。

 

不合理な待遇格差は、

同一労働同一賃金に反する可能性があります。

従業員の離職にもつながるでしょう。

 

非正規雇用の取り扱いについて、

ぜひ一度見直してみてください。