社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【バイクの人気が高まる】都内では事故死の増加も

【バイクの人気が高まる】都内では事故死の増加も

今回は、バイクの人気上昇について解説します。

 

人気上昇の背景や事故数の状況についても触れるので、

ぜひ従業員を事故から守るための参考にしてください。

 

1. 新型コロナウイルスの影響でバイクの免許取得者が急増

■—————————————————————————————

通勤時の“密”を避けるために、二輪免許取得者が増えています。

警察庁によると、

2020年における二輪免許(大型含む)の新規取得者は、前年同時期比9%増。

2021年上半期は前年同時期比36%増です。

 

特に東京都内では、免許取得者の増加が顕著であり、

警視庁の公表によると、2021年上半期は前年同時期比で4割増です(原付含む)。

 

2. バイクの新車販売台数も増加

■—————————————————————————————

実際の販売台数を見ても、バイクの人気ぶりが伺えます。

 

全国自動車協会連合会によると、

2020年度におけるバイクの新車販売台数は、12年ぶりとなる14万台超えです。

これは、2019年度と比べて15%の増加となっています。

 

3. 東京都内ではバイク事故が増加

■—————————————————————————————

警視庁の調査によると、

東京都内における2021年上半期のバイク乗車中の事故死は18人。

2020年の同時期は13人、2019年に至っては11人であり、

コロナ禍で増加していることが分かります。

 

東京都内にオフィスを持つ企業は、バイク通勤への注意喚起や

事故防止への取り組みを積極的に実施してください。