社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【企業の組織課題】次世代リーダー育成や中間管理職の負担軽減

【企業の組織課題】次世代リーダー育成や中間管理職の負担軽減

今回は、人事担当者と管理職層が感じている組織課題について、

リクルートマネジメントソリューションズの調査をもとにご紹介します。

 

ぜひ、自社における人事戦略の参考にしてください。

 

【出典】

マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査2021年|リクルートマネジメントソリューションズ

 

1.  次世代のリーダーが育っていないと考える企業が多数

■—————————————————————————————

リクルートマネジメントソリューションズでは

管理職層150人と人事担当者150人を対象に、

企業の組織課題について調査しています(2021年6月実施)。

 

調査の結果、両者ともに

「次世代の経営を担う人材が育っていない」が回答率のトップ。

新型コロナの流行で厳しい状況の中、

次世代リーダーの必要性が高まっているとみています。

 

2.  中間管理職層の負担軽減も課題に

■—————————————————————————————

2位はこちらも両者ともに

「ミドルマネジメント層の負担が過重になっている」でした。

 

この1年は、テレワークの浸透をはじめとした働き方の変化が激しく、

中間管理職への負担が大きくなったと推測されています。

 

3.  管理職層と人事担当者間に認識ズレも

■—————————————————————————————

同調査では、“管理職の役割/管理職に期待していること”についても

回答を得ています。

 

こちらも回答の傾向が大方一致している中、

「新価値・イノベーションの創造」については、

管理職層の回答率が30%だった一方、人事担当者は18%と、

両者の認識にズレが生じています。

 

組織に変革を起こすためには、

はじめに管理職と人事担当者の認識を擦り合わせ、

サポート体制を確立することが重要となるかもしれません。