社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【隠れ待機児童の増加】女性のキャリア形成にも影響

【隠れ待機児童の増加】女性のキャリア形成にも影響

今回は、「隠れ待機児童」の現状についてご紹介します。

 

隠れ待機児童とは、特定の保育所を希望していたり、

自治体が補助する保育サービスを受けていたりする場合に、

“待機”としてカウントされない児童のことです。

実態の詳細を見ていきましょう。

 

【出典】

保育所等関連状況取りまとめ(全体版)|厚生労働省

令和3年4月の待機児童調査のポイント|厚生労働省
(ページ移動中のため Google 検索リンクに変更)

 

1. 隠れ待機児童は6万3581人にものぼる

■—————————————————————————————

厚生労働省が実施した調査によると、

2021年4月1日時点での待機児童数は5,634人でした。

前年と比べて減少はしているものの、

それでも5千人は超えています。

 

さらに、隠れ待機児童の数は6万3581人であり、

希望する保育園に子どもを預けられない保護者は多くいます。

 

2. 待機児童ゼロの自治体でも課題は……

■—————————————————————————————

調査の数字上で待機児童ゼロの自治体でも、

保護者が希望しない保育所に通わせているケースは多くあります。

 

内閣府の少子化社会に関する国際意識調査では、

保育サービスが整備されていない点が、

子どもを増やさない要因のひとつであることも分かっています。

 

3. 「希望の保育所を利用できるか」はキャリアにも影響

■—————————————————————————————

待機児童は、0~2歳が約9割を占めています。

法定の育児休業は子どもが2歳になるまでしか利用できないため、

この期間に希望する預け先を見つけられるかどうかは、

今後のキャリア形成に大きく影響します。

 

女性の就業率を高める意味でも、

待機児童・隠れ待機児童の現状把握や、各企業でのフォローが重要です。