社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【在宅勤務におけるストレスの実態】4割がストレスを感じている

【在宅勤務におけるストレスの実態】4割がストレスを感じている

今回は、在宅勤務における「ストレス」に注目します。

 

チューリッヒ生命保険の調査を用いてリアルな実態を紹介するため、

ぜひ自社における労務管理の参考にしてください。

 

【出典】

2021年ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査(2021年5月実施)|チューリッヒ生命保険

 

1. 20代女性は特にストレスを感じやすい傾向

■—————————————————————————————

チューリッヒ生命保険の調査にて、

在宅勤務でストレスを感じる人の割合は4割にのぼることが明らかになりました。

特に、20代女性はストレスを感じやすい傾向です。

 

ストレスを感じる女性は、年代が上がるにつれて少なくなり、

一方で男性は、年代が上がると多くなることも分かっています。

 

2. 理由を見てみると……

■—————————————————————————————

在宅勤務にストレスを感じる要因としては、

「家族がすぐ近くにいる」

「業務に必要な機材が整っていない」などが考えられています。

 

また、通勤にストレスを感じている人は、

在宅勤務にストレスを感じにくい傾向です。

 

3. 年代や業務環境などを踏まえたケアも

■—————————————————————————————

新型コロナの流行から1年以上が経ちテレワークが浸透していても、

多くの労働者が在宅勤務にストレスを感じています。

 

チューリッヒ生命保険の調査では、

特に20代女性がストレスを感じやすいなどの傾向も分かりました。

ほかにも、在宅での労働環境なども

ストレスに影響する可能性は高いといえます。

 

ぜひ、自社における労務管理に役立ててください。

 助成金の相談はこちら