社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【コロナ禍でも倒産は減少】中小・零細企業は安心できない

【コロナ禍でも倒産は減少】中小・零細企業は安心できない

今回は、倒産数が減少している現状について解説します。

 

コロナ禍の景気悪化により、

倒産が増え続けていると思っている人は多いでしょう。

倒産が抑えられている背景には、どのような要因があるのでしょうか。

 

1. 2021年上半期の倒産件数は2000年以降最小

■———————————————————————————

帝国データバンクの調査によると、

2021年上半期の倒産件数は3,083件。

半年の倒産数で比較すると、2000年以降で最小を記録しています。

 

2009年のリーマンショック時は、上半期で7023件が倒産しており、

コロナ禍での倒産件数は約半数です。

 

2. 政府の取り組みが影響している

■—————————————————————————————

倒産が抑えられている要因のひとつは、

政府の積極的な取り組みにあると考えられます。

新型コロナウイルスによる経営悪化を救うための補助金や、

ゼロゼロ融資が代表例です。

 

実際に、帝国データバンクの調査では、

2021年3月時点で43.2%の企業が

資金繰りについて「楽である」と回答しています。

 

3. 中小・零細企業にとっては安心できない未来も

■—————————————————————————————

現状では倒産が抑えられていても、

コロナ禍が長期化すれば、中小・零細企業にとって厳しい状況になります。

 

中小・零細企業は、大企業と比べて事業内容が限られるため、

事業譲渡や事業転換は難易度が高いでしょう。

融資を受けるにあたっての金融機関の精査も厳しくなっており、

事業計画を見て回復が臨めない企業は、

承諾されないケースも増えると見込まれます。

 

資金繰りに余裕がある企業も安心せず、

将来を見据えながら事業を展開してください。
 助成金の相談はこちら