社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【介護サービスの給付費増加】20年間で約3倍に

【介護サービスの給付費増加】20年間で約3倍に

今回は、介護サービスの利用にあたって、

国からの給付費が増加している現状について解説します。

 

給付費増加を抑えるための国による取り組みも紹介するため、

詳細を見ていきましょう。

 

1. 雇用保険の給付費は約3倍に

■———————————————————————————

介護サービスを利用した際は、1~3割が自己負担であり、

残りが国の給付費となります。

少子高齢化などを背景に、この給付費が大きく増加しているのです。

 

厚生労働省の「介護保険事業状況報告」を参考にすると、

2020年度の給付費は10兆2260億円。

これは、2000年度に比べて約3倍の金額です。

 

2. 2025年度には15兆円にまで膨らむ見通し

■—————————————————————————————

介護サービスの給付費は、2025年度には15兆円まで膨らむ見通しです。

政府は、財源を確保するために、

今年の8月には高所得者の負担上限額を引き上げました。

 

ほかにも、所得が低い人が介護保険施設などを利用した際の

食費も引き上げられています。

 

3. データを活用した介護が浸透するか

■—————————————————————————————

介護費用を抑えるために注目されている方法のひとつが、

データを活用した介護です。

厚生労働省では、「科学的介護情報システム(LIFE)」を導入し、

介護関連のデータを一元的に集め、介護計画に活かす取り組みを始めています。

 

今後の動向に注目しながら、

各企業でも国の動きに応じた取り組みが必要です。