社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【雇用調整助成金の財源が枯渇】新型コロナの長期化による課題

【雇用調整助成金の財源が枯渇】新型コロナの長期化による課題

今回は、雇用調整助成金が抱える課題についてご紹介します。

 

新型コロナの流行により特例措置を設けている同制度。

流行が想定外に長期化していることで、

課題が浮き彫りになってきています。

詳細を見ていきましょう。

 

1. 財源が枯渇してきている

■———————————————————————————

コロナ禍での雇用継続をサポートするために活用されている、

雇用調整助成金の特例措置。

 

“一時的な対応”として開始された特例措置ですが、

新型コロナウイルスの流行が続いていることで、

財源が底を突きようとしています。

 

2. 政府は雇用保険料率の引き上げを検討

■—————————————————————————————

雇用調整助成金の財源が枯渇している一方で、

同制度は失業者を抑制するために一定の効果を出しています。

 

そこで政府は、財源確保のために、

企業・労働者の雇用保険料率引き上げを検討中です。

早ければ2022年度から保険料率が引き上げられる可能性があります。

 

3. これからの動きに要注目

■—————————————————————————————

雇用調整助成金の特例措置が、

今後どのような形で継続されるのか。

特例措置の長期化に伴って、

企業・労働者の雇用保険料率はいつから引き上げられるのか。

雇用調整助成金の運用に関連して、今後さまざまな変化が見込まれます。

 

これからの動きに注目しながら、企業として適切な対応をとってください。