社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【厚労省がワクチンの3回目接種を検討】来年にも実施開始か

【厚労省がワクチンの3回目接種を検討】来年にも実施開始か

 

今回は、厚生労働省が検討している、

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について解説します。

 

 

早ければ、2022年から開始される可能性がある3回目接種。

詳細を見ていきましょう。

 

 

1. 厚労省が2億回分のワクチン追加供給を契約

■—————————————————————————————

厚労省は、7月に米モデルナと武田薬品工業から、

5,000万回分のワクチン追加供給を受ける契約を結びました。

早ければ、2022年初めに供給されます。

 

9月には、米バイオ製薬ノババックスのワクチン

1億5,000万回分の供給にめどが立っており

合計で2億回分を確保。

3回目を接種するための使用を検討しています。

 

 

 

2. イスラエルでは3回目のワクチン接種を開始

■—————————————————————————————

イスラエルでは8月に入り、

2回目のワクチン接種を終えた60歳以上を対象とし、

3回目の接種を開始しました。

 

イギリスでは3回目接種の効果を調べる実験を開始し、

米ファイザーと独ビオンテックは3回目接種の手続きを進めています。

各国でも、3回目接種の動きが進んでいる状況です。

 

 

 

3. 3回目接種に向けて課題も。今後の動向に注目しよう

■—————————————————————————————

3回目のワクチン接種は、1回目、2回目と違うメーカーでも良いのか、

4回目も打つ必要があるのか、などいくつかの課題もあります。

 

3回目のワクチン接種が行われるとすれば、

各企業においても対応が必要です。

今後の動向に注目してみてください。