社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【女性社長比率が過去最高を記録】まだまだ課題も

【女性社長比率が過去最高を記録】まだまだ課題も

 

 

今回は、帝国データバンクの調査をもとに

女性社長比率の現状をご紹介します。

 

「女性活躍」の推進が社会全体の課題となっている中、

女性の社長就任はどのような動きを見せているのでしょうか。

 

【出典】

全国「女性社長」分析調査|帝国データバンク

 

 

 

1. 女性社長比率は8.1%と過去最高

■—————————————————————————————

帝国データバンクの調査によると、

2021年4月時点での女性社長比率は、8.1%と過去最高を記録しました。

同族継承による社長就任が50.8%と約半数です。

 

年齢別に見ると、

70~74歳が15.9%と最多であり、次いで65~69歳が13.2%。

平均は63.2歳と前年より高くなっていました。

 

 

 

2. 業種や都道府県別の傾向は?

■—————————————————————————————

女性比率を業種別に見ると、最も多いのが不動産で16.9%。

次いで、サービスが10.9%、小売りが10.7%と続きます。

特に、サービスでは女性社長の比率が大きく上昇しました。

 

都道府県別では、沖縄が11.4%と最多。

徳島や青森も10%超えの高い数値を記録しています。

 

 

 

3. 世界的に見ると日本はいまだ女性格差が激しい

■—————————————————————————————

女性活躍推進の効果が出てきている一方で、

「ジェンダーギャップ指数2021」における日本の順位は、

120位/156か国と、低いことが分かっています。

 

日本国内で女性社長が増えているからと気を緩めず、

各企業では引き続き男女格差是正を進めることが重要です。