社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【電子署名・クラウドサインの売上が急増】人気は今後も衰えない?

【電子署名・クラウドサインの売上が急増】人気は今後も衰えない?

今回は、弁護士ドットコムが運営する電子署名サービス・

「クラウドサイン」について現状と展望をご紹介します。

 

電子署名サービスを導入していない企業は、

ぜひ参考にしてください。

 

1. 2021年3月期のクラウドサイン売上高は2.5倍

■—————————————————————————————

2021年3月期における「クラウドサイン」の売上高は、

前期と比べて2.5倍に増加しており、人気が急拡大しています。

 

背景にあるのは、コロナ禍での在宅勤務による押印廃止です。

業務に印鑑を用いるコストの高さや非効率性が見直され、

多くの企業で電子署名の活用が進みました。

 

行政への導入も進むなど、勢いが衰える様子はありません。

 

2. 今期も売上高2倍を目指す

■—————————————————————————————

弁護士ドットコムでは、2022年3月期に売上高2倍を記録できるよう、

さらなる売上増加を目指しています。

今後オフィスでの勤務が増えたとしても、

電子署名の需要は衰えないという見込みです。

 

利用にあたってのサポートなど、

サービス内容の充実化も検討しています。

 

3. 電子署名の導入が企業成長を加速させる

■—————————————————————————————

従来のように紙の契約書に印鑑を押す作業は、

コスト・労力の両面において、デメリットが大きいといわれています。

 

行政もデジタル化を進める中、

新型コロナウイルスの流行状況にかかわらず、

電子署名の需要が衰えない可能性は高いでしょう。

 

企業競争を勝ち抜くためにも、

生産性向上を目的に電子署名を導入してみてはいかがでしょうか。