社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【非効率的な業務を撤廃】株式会社IHIの働き方改革

【非効率的な業務を撤廃】株式会社IHIの働き方改革

今回は、企業が独自に行う働き方改革について、

株式会社IHIの事例をご紹介します。

 

コロナ禍、そしてアフターコロナを見据えて企業を成長させるためには、

働き方の大幅な見直しが重要です。

ぜひ、自社における取り組みの参考にしてください。

 

1. スマートワーク推進部を発足!主な取り組みは

■—————————————————————————————

株式会社IHIは、2021年4月に「スマートワーク推進部」を発足し、

非効率な業務を撤廃する動きを進めています。

 

主な取り組みは、下記のとおりです。

・メール送信を効率化するために、役職で呼び合う風土を廃止

・社内会議を一切行わない「ノー会議デー」の設置

・不要な37の業務を廃止

・現場からの意見を募る「アイデアボックス」の設置

 

2. 短期間で効果が見え始める

■—————————————————————————————

2021年4月から始めた取り組みは、

早速効果を出し始めています。

 

たとえば、会議時間の短縮です。

無駄に会議が長引かないよう、25分または50分の会議時間を基本に。

「数分でも短縮できるように」と従業員の意識が変わってきています。

 

3. 働き方の抜本的な見直しが企業成長につながる

■—————————————————————————————

コロナ禍で経済状況が変化する中、激しい競争を勝ち抜くためには、

従業員一人ひとりが能力を発揮できる環境づくりが不可欠です。

 

これまで常識だったものも、

業務の非効率化につながっている可能性があります。

ぜひ、今後の企業成長のためにも、

自社の働き方について抜本的に見直してみてください。