社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【ホンダの早期退職者】2,000人以上が応募!退職金の割り増しも

【ホンダの早期退職者】2,000人以上が応募!退職金の割り増しも

今回は、大手自動車メーカーのホンダが進める、

早期退職者募集についてご紹介します。

 

早期退職者を募集する背景には、

どのような狙いがあるのでしょうか。

 

1.  ホンダが早期退職者を募集するのは10年ぶり

■—————————————————————————————

ホンダは、今年の4月に

55歳以上の社員を対象とした早期退職を募集。

結果、2,000人以上の社員から応募がありました。

 

ホンダが早期退職者の募集を行うのは約10年ぶりのこと。

55歳以上64歳未満の社員を対象とし、

退職金に最大3年分の賃金が上乗せされます。

 

2. 電気自動車へのシフトを見据える

■—————————————————————————————

当初想定していた早期退職者は1,000人。

2,000人の応募は、想定を大きく上回る結果でした。

 

早期退職者を募集する大きな理由が、

電気自動車へのシフトを見据えた世代交代です。

 

新たな若手を多く採用することで、

自動車メーカー界の今後に対応します。

 

3. 新たな技術に対応するための社員構成見直し

■—————————————————————————————

IT技術の進歩や生活様式の変化などを背景に、

各業界の状況は目まぐるしく変化しています。

組織の再編成が必要な場合は、

「早期退職制度」が選択肢のひとつとなります。

 

早期退職制度を効果的に実施するには、

退職金の割り増しや、再就職先のあっせんなど、

特定の優遇措置を取ることが一般的です。

 

ぜひ、今回の内容を、

自社における人事戦略の参考にしてください。