社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【建設・工事業の倒産が急増】背景にあるものは?

【建設・工事業の倒産が急増】背景にあるものは?

今回は、建設・工事業の倒産が増加している現状について、

詳しく解説します。

 

どのくらいの企業が倒産しているのか、

どのような背景があるのか、具体的に見ていきましょう。

 

【出典】

「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査(8月26日(木)16時現在判明分)|帝国データバンク

 

1. 「建設・工事業」の倒産は197件で全業種中2位

■—————————————————————————————

帝国データバンクが毎月実施している「新型コロナウイルス関連倒産」動向調査

によると、8月26日時点での新型コロナ関連倒産は1933件。

 

そのうち、「建設・工事業」は197件にのぼり、

1位の「飲食店」(321件)に次いで2位となっています。

3位のホテル・旅館は107件であり、倍近くの差がある状況です。

 

2. 倒産する企業は中小企業や零細企業が多い

■—————————————————————————————

倒産している「建設・工事業」の企業は、多くが中小企業や零細企業です。

これには、受注環境の変化が影響しています。

 

コロナ禍で、休業や時短営業を行う飲食店やホテル・旅館は格段に増えました。

規模が小さい「建設・工事業」の企業は、

近隣にあるこのような企業からの受注が中心であったため、

受注数が激減してしまったのです。

 

3. ウッドショックも追い打ちに

■—————————————————————————————

最近は、アメリカにおける新築住宅需要増を背景に、

「ウッドショック」と呼ばれる木材の高騰も発生しています。

 

資金面に課題がある中小企業や零細企業は、

今後さらに厳しい状況に立たされる可能性があるのです。

動向に注目しながら、慎重に事業を展開する必要があります。

 助成金の相談はこちら