社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【住宅の任意売却が増えている】弱みにつけこんだ悪徳業者も

【住宅の任意売却が増えている】弱みにつけこんだ悪徳業者も

今回は、コロナ禍で増える住宅の任意売却について紹介します。

 

自社の従業員にも、住宅ローンの返済に苦しんでいるケースがあるでしょう。

悪徳業者が増えている現状にも触れるため、

従業員を守る意味でも、ぜひ参考にしてください。

 

1. コロナ禍で住宅の任意売却が進む

■—————————————————————————————

新型コロナウイルスによる失業や収入減を背景に、

住宅を任意売却する人が増えています。

 

任意売却とは、ローンを返済できなくなった場合に、

金融機関合意のうえ住宅を売却し、ローン返済に充てる制度です。

 

市場相場と同等の金額で売却できるため、

差し押さえを受けた場合のように、

市場価格より安くならないメリットがあります。

売却までに、時間的余裕ができやすい点も特徴です。

 

2. 悪徳な業者が増えている

■—————————————————————————————

任意売却が増えている中、問題となっているのが悪徳業者の増加です。

たとえば、「任意売却をすれば残りのローンを返済しなくて良い」と

誤った情報を伝えたり、打ち合わせなどで高額な料金を請求したりする例があります。

 

実際に、住宅ローンのコンサルタント会社に、

多くの被害相談が寄せられている事例もあります。

 

3. 任売売却の正しい知識を伝えよう

■—————————————————————————————

従業員のローン返済問題を解決するための理想は、

賃金アップや福利厚生などにより、

任意売却を選択しなくて済むよう企業が支援することです。

 

ただし、予算の問題や本人の返済額などにより、

必ずしも企業が支援できる訳ではありません。

やむを得ず、自社の従業員が任意売却を行うケースもあるでしょう。

 

その場合、悪徳業者を利用しないように呼びかけてください。

複数の業者から見積もりをもらうなど、慎重に進めることが重要です。