社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【ニッチ商品の成功】資生堂やモスバーガーの事例

【ニッチ商品の成功】資生堂やモスバーガーの事例

今回は、コロナ禍で売上を伸ばす“ニッチ商品”について、

2つの事例をご紹介します。

 

ぜひ、自社における経営の参考にしてください。

 

1. 資生堂では相場の2~3倍するハンドクリームが人気

■—————————————————————————————

資生堂が2020年12月に発売した「アルティミューン」のハンドクリームは、

相場の2~3倍に値する2,200円です。

しかし、当初の予定を大幅に上回るスピードで売れており、

他社から乗り換えた人もいます。

 

売上の背景にあるのは、心地よい香りです。

手荒れ防止に「香り」という付加価値を提供することで、

多くの女性から人気を集めています。

 

2. モスバーガーの期間限定品は3カ月で220万円の売上

■—————————————————————————————

モスバーガーが2020年秋に売り出した、とびきりシリーズの期間限定品は、

3カ月で約220万円売り上げるほどの人気商品となりました。

 

同商品は通常より200円ほど高いものの、

4種の酢や複数のスパイスを使うことで、

モスバーガーならではの充実感を生んでいます。

 

3. 人気商品はニッチから始まる

■—————————————————————————————

世間で人気を集めている商品・サービスの多くは、

他社が狙わないような領域から生まれています。

 

特に、コロナ禍では、お金よりも心の充実を重視する人は増えている傾向です。

 

「売れないのではないか」とリスクを恐れる気持ちもあるでしょう。

しかし、他社との競争を勝ち抜くためには、

ニッチな分野を攻めることが重要になりそうです。