社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【スタートアップ企業における男性育休の取得促進】事例をご紹介

【スタートアップ企業における男性育休の取得促進】事例をご紹介

今回は、スタートアップ企業が行う男性の育休取得促進について、事例をご紹介します。

 

改正育児・介護休業法の施行を控え、各企業では制度整備を進めています。

ぜひ、自社における取り組みの参考にしてください。

 

1. 金銭面をサポートする企業

■—————————————————————————————

ネットスーパー立ち上げサービス等を提供する株式会社10Xでは、

育休中に最大70万円を支給する制度を導入しました。

 

また、DX化を支援している株式会社ROUTE06では、

給料の33%分を手当として支給しています。

育休中は給料の67%分が雇用保険制度で支給されるため、

育休取得による収入の差額分を企業が負担する仕組みです。

 

2. 「パパデビュー応援休暇」を導入する企業も

■—————————————————————————————

保険営業のクラウド化を支援する株式会社hokanでは、

2021年6月20日の父の日に、「パパデビュー応戦制度」を導入しました。

 

同制度では、配偶者の産前6週から産後8週の期間に、

有休の特別休暇を付与します。

 

親しみやすい名称の背景には、

男性が気軽に休暇を取得できるようにする狙いがあります。

 

3. 育休取得に伴って穴埋めが重要に

■—————————————————————————————

今回の内容も参考にしながら、ぜひ、みなさんの企業においても

男性が育休を取得しやすい体制を整備してみてください。

 

ただし、規模が小さい企業ほど、

従業員が休んだときの穴埋めが必要となります。

 

日頃から業務をローテーションするなど、

誰かが休んだ際にカバーできる体制を作っておくことで、

育休の“取得しやすさ”はさらに高まるでしょう。