社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【製造業や農業で人手不足】長野県の事例

【製造業や農業で人手不足】長野県の事例

今回は、製造業や農業で起きている人手不足について、

長野県の事例をご紹介します。

 

新型コロナウイルスによる労働市場の落ち込みが回復する一方、

人手不足が新たな問題となっています。

ぜひ、自社における人材確保の参考にしてください。

 

1. 長野では製造業の人手不足が深刻に

■—————————————————————————————

求人状況がコロナ前の水準に回復してきている中、

長野県では製造業が人手不足に陥っています。

 

長野県における4月の鉱工業生産指数は113.5(全国平均100)であり、

生産活動が活発な状況です。

コロナ前を超える受注数を記録している企業もあり、

人手不足はどんどん深刻化しています。

 

2. 外国人技能実習生の入国困難により農業にも影響が

■—————————————————————————————

長野県では、農業においても人手不足になっています。

大きな要因のひとつが

コロナ禍により外国人技能実習生の入国が難しくなっていることです。

 

農家同士で外国人の人材をシェアしながら、

繁忙期を乗り越えようとしています。

 

3. 人手不足解決の一手となっている「在籍型出向」

■—————————————————————————————

人手不足の状況を解決するために役立っている制度が、在籍型出向です。

コロナによる経営悪化で人員を削りたい企業から、

人手不足の企業が積極的に人材を受け入れています。

 

実際に、長野県で人手不足に陥っている製造系企業も、

国のマッチングサービスを利用して在籍型出向を成立させています。

 

人手不足に悩んでいる企業は、解決の一手として活用してみてください。