社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. ストレスを感じる環境の改善が重要

ストレスを感じる環境の改善が重要

今回のテーマは、「適応障害」です。

 

有名芸能人の発症により、最近特に注目を集めている適応障害。
従業員が発症する可能性も十分にあり、企業としては他人事ではありません。

概要や、職場で防止するポイントを見ていきましょう。

 

1. 適応障害とは
■―――――――――――――――――――――――――――――
適応障害は、環境の変化などによるストレスが原因となり、
心身の不調を生む症状のことです。
気分の落ち込みや不眠、意欲低下、動機などの不調が表れます。

適応障害は、仕事や家庭、学校など、
生活の中にあるストレスが要因となるケースが多い傾向です。
仕事においては、特に人間関係や仕事内容が原因になります。

 

2. 適応障害を発症したら……
■―――――――――――――――――――――――――――――
適応障害は、ストレスがかかり始めて3カ月以内に発症し、
ストレスがなくなれば6ヵ月以内に改善するとされています。

そのため、適応障害を発症した従業員がいた場合は、
医療機関での治療と同時進行で、ストレス源の改善を図ることが重要です。
配置転換や担当業務の変更、転職など、
可能な対策を検討する必要があります。

 

3. 従業員がストレスを溜めこまないために
■―――――――――――――――――――――――――――――
日頃からストレスを溜めこまない方法としては、
家族や友人など、仕事場以外に安心できる場所の確保がポイントです。
悩みを溜めこむ前に吐き出せる場があることで、
適応障害の発症を避けられます。

そのためには、従業員が職場以外で過ごす時間を、
十分に確保する必要があります。
企業としては、労働時間や休暇など、働き方の整備が重要です。

 助成金の相談はこちら