社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【副業経験者の増加】生活費の不安が背景に

【副業経験者の増加】生活費の不安が背景に

今回は、副業・Wワーク経験者の増加について解説します。

 

これまで、コロナ禍で副業の需要が高まっていることを紹介しました。

では、副業を経験している人は、実際にどのくらいいるのでしょうか。

 

【参考】

「仕事のかけもち・Wワーク・副業」実態調査2021|エン・ジャパン株式会社

 

1. 副業・Wワークの経験者は53%

■—————————————————————————————

人材大手のエン・ジャパン株式会社は、

派遣型アルバイトの情報を集めた自社サイト『エンバイト』の利用者を対象に、

かけもち・副業・Wワーク(以下、副業等)について調査しています。

※回答者数4,619名・実施期間2021年3月30日~5月26日

 

副業等の経験者は全体の53%、

そのうち、76%がコロナ流行前から開始しています。

良かったこととして、

「副業等が生活費の足しになった」「自由に使えるお金が増えた」

と挙げる人が多く、特に金銭面のメリットが大きいようです。

 

2. 興味を持っている人は9割以上!その理由は?

■—————————————————————————————

同調査において、副業等に興味がある人は、全体の9割にのぼっています。

興味がある理由としては、

「自由に使えるお金が欲しいから」と、

「生活費が足りないから」が46%でトップ。

次いで、「コロナ禍によって収入が減ったから」が45%です。

 

やはり、生活費の不安が副業への興味・関心につながっている傾向にあります。

 

3. 労働者の生活を守る意味でも副業等の解禁が重要

■—————————————————————————————

副業等の需要が高まっている背景には、

生活費への不安が大きく関わっているといえます。

 

企業としては、人材確保の一手としてはもちろん、

労働者の生活を守る、または精神面での不安を和らげる意味でも、

副業等の解禁が重要です。