社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【現役女子高生の起業】フルーツ大福店を世田谷区経堂に

【現役女子高生の起業】フルーツ大福店を世田谷区経堂に

今回は、現役女子高校生の起業エピソードをご紹介します。

 

まだ15歳の女子高校生は、

どのような思いから起業に至ったのでしょうか。

 

1. 「日本の農業を応援し、食品ロスを減らす」

■—————————————————————————————

金沢市出身の現役女子高生、薄井華香さん(15歳)が、

東京都世田谷区の経堂にフルーツ大福屋「凛々堂(りんりんどう)」を開きました。

 

彼女の思いは、「日本の農業を応援し、食品ロスを減らす」こと。

アルバイト先で食品が捨てられているのを見た経験が、

起業のきっかけとなったそうです。

 

店舗では、全国から集めた果物を使って手作りした大福に、

生産者の紹介文を添えて販売しています。

 

2. 金沢市の青果仲卸で生まれ育った経験を活かす

■—————————————————————————————

薄井さんの実家は、金沢市の青果仲卸。

果物に触れながら育ってきた経験を活かし、

旬の美味しい国産果物を集めています。

 

イチゴやマンゴー、メロン、パイナップルなど、

常に8種類の大福を取り揃えています。

 

3. 今後は通販や特産品PR、動画配信も

■—————————————————————————————

既に店舗が軌道に乗ってからのことも考えており、

野菜の通販や地元の特産品PR、

食品ロス関連の動画配信も検討しているようです。

 

フードロスは、飢餓や地球温暖化などの様々な問題と結びついており、

世界的に注目されています。

若い女性起業家の挑戦は、今後どのような未来を紡ぐのでしょうか。