社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【テレワークの課題】人事評価制度を見直すべきという声が多数

【テレワークの課題】人事評価制度を見直すべきという声が多数

今回は、テレワークが抱えている課題について、

株式会社あしたのチームが実施した調査を元に解説します。

 

テレワークをはじめとした働き方の柔軟化に取り組んでいる企業は、

ぜひ参考にしてください。

 

1. 人事評価制度の見直しが必要だと考える人は82.9%

■—————————————————————————————

人事領域のDX事業を展開している株式会社あしたのチームでは、

全国の20~50代の会社員を対象に、

コロナ禍のテレワークと人事課題について調査しています。

 

同調査では、勤務先の人事評価制度をテレワークの実態に合わせて
見直し・改正する必要があると答えた層が8割を超えていました。

※「そう思う」と「ややそう思う」の合計

 

従来の働き方と大きく異なるテレワーク下では、

多くの従業員が人事評価制度に対する不満を抱えているようです。

 

2. 現時点で人事評価制度を見直している企業は14.4%のみ

■—————————————————————————————

同調査では、テレワークに合わせて人事評価制度の改正を
実施した企業の割合も明らかになっています。

 

結果は、「行われた」と回答した企業が14.4%、

「まだ行われていないが検討中・準備中」が25.5%、

「行われていない」は49.1%でした。

 

人事評価制度の見直しを求める人が多い中、

企業の対応は遅れている現状が分かります。

 

3. テレワークの導入・運用と人事評価の見直しはセットで

■—————————————————————————————

テレワークの下では、従業員の働きぶりや労働時間の把握が難しいため、

従来の人事評価制度では正しく評価できないケースが多くあります。

実際に、テレワーク下では、

従業員が人事評価制度に不満を抱きやすいことも分かりました。

 

テレワークの導入・運用は、人事評価の見直しとセットで考えましょう。

すでにテレワークを実施している企業は、

現在の人事評価制度が適切か見直してみてください。