社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【大都市への人口集中が加速】しかし将来的には

【大都市への人口集中が加速】しかし将来的には

今回は、大都市への人口集中について、現状をご紹介します。

 

現状を踏まえた今後の動向も解説するため、

将来を見据えた人事戦略の参考にしてください。

 

1. 人口が増えたのは大都市を中心とした9都府県のみ

■—————————————————————————————

総務省が6月25日に発表した2020年国勢調査によると、

人口が増えた自治体は、

東京や大阪、福岡などの大都市を中心とした9府県のみでした。

 

東京都は、増加率が4.1%を記録しており、全国でトップの数値です。

ここ数年で、大都市への人口集中が加速していると言えます。

 

2. 単身世帯が増加!東京では1世帯あたりの人数が1.95人に

■—————————————————————————————

人口増加が進んでいる東京ですが、

1世帯あたりの人数はどんどん減少しています。

 

東京都における1世帯あたりの平均人数は、

1.95人と全国最低であり、2人以下を記録したのは初です。

このままの状況が続けば、

東京都においても将来的な人口減少は免れないでしょう。

 

3. 目先の数字だけに捉われないように

■—————————————————————————————

東京をはじめとした都市部への人口集中が加速しているとはいえ、

将来的には人口は減ると見込まれます。

都市部に拠点を置く企業も、目先の数字だけに捉われず、

将来を見据えた取り組みが必要です。

 

人材確保や既存従業員の生産性向上など、

多角的な視点での人事戦略が重要となります。

 助成金の相談はこちら