社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【週休3日制によって学び直しは進むのか】企業が果たすべき役割は

【週休3日制によって学び直しは進むのか】企業が果たすべき役割は

今回は、現在導入が進んでいる週休3日制について、

学び直しに焦点を当てて解説します。

 

政府は6月18日に発表した骨太の方針内に、

「選択的週休3日制」を促進する旨を盛り込みました。

導入を進める目的のひとつが「学び直し」です。

時間ができることで、副業や大学院などでのスキルアップを図っています。

 

しかし、週休3日制の導入により、本当に学び直しは促進されるのでしょうか。

 

1. 「時間ができる=学ぶ」ではない

■—————————————————————————————

時間ができることが学び直しにつながらない可能性もあることを、

リクルートワークス研究所の「全国就業実態パネル調査」が裏付けています。

 

毎年実施している同調査では、2018年に「社会人の学び」をテーマに分析。

分析の結果、労働時間が長い人ほど自己学習をする人が多い、

という傾向が分かったのです。

 

さらに、自己学習を新たに始めた人の割合は、

労働時間が減った人より、労働時間が増えた人の中に多いことも分かっています。

 

【出典】

全国就業実態パネル調査|リクルートワークス研究所

 

2. 学ぶ意欲は日々の仕事の中で高まる

■—————————————————————————————

上記の調査から、学ぶ意欲は、時間のある・なしではなく、

日々の中でいかに高めるかが重要となります。

 

深掘りすると、学ぶ意欲は、日々の仕事の中で高まると言えるでしょう。

 

職場における日々のコミュニケーションや評価制度、

キャリアアップできる体制など、意欲を高める場面は職場内に溢れています。

 

3. 学ぶ意欲を高めるためには職場の在り方が重要

■—————————————————————————————

選択的週休3日制の導入に限らず、従業員の学ぶ意欲を高めることは、

個人のスキルアップや企業成長に欠かせません。

皆さまの企業においても、職場の在り方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

たとえば、年功序列で上下関係が強い職場であれば、

キャリアアップの道が狭くなり、従業員の学ぶ意欲は停滞するでしょう。

 

企業の将来を見据えながら、まずは自社の課題を抽出してみてください。

 助成金の相談はこちら