社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【2030年まで基本給の底上げ】ゼンショーホールディングスの事例

【2030年まで基本給の底上げ】ゼンショーホールディングスの事例

今回は、企業の賃金改善について、

ゼンショーホールディングス(ゼンショーHD)の事例をご紹介します。

 

新型コロナウイルスの流行により経済状況がめまぐるしく変化する中、

ゼンショーHDはどのような取り組みを行っているのでしょうか。

 

1. 2030年までの基本給の底上げを実施

■—————————————————————————————

人気牛丼チェーン店「すき家」を運営しているゼンショーHDでは、

2030年までの基本給底上げ(ベースアップ)について、労使合意に至りました。

 

同社は2014年に、従業員1人で勤務する「ワンオペ」などの、

労働問題が浮き彫りになっています。

 

今回の長期ベースアップには、職場環境の改善や人材確保の目的があるようです。

 

2. 中長期的な需要回復を見据える

■—————————————————————————————

ベースアップを実施するといっても、

ゼンショーHDの業績は、新型コロナウイルスの影響で停滞しています。

 

長期的なベースアップを実施する理由は、

中長期的な需要回復の予想です。

 

今後需要が戻ることを想定し、

人材を整理せずに、ベースアップによる引き止めを行っています。

 

3. 先を見据えた賃金改善が必要な場合も

■—————————————————————————————

業績の低迷により、

人員整理や賃金削減を検討している企業は多いかと思います。

 

しかし、今後の経済回復や少子高齢化による人材不足を考慮すると、

企業成長のためには、ゼンショーHDのような賃金アップが有効な場合もあります。

 

自社の状況も踏まえて、賃金改善について検討してみてください。

 助成金の相談はこちら