社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【2020年国勢調査の人口速報値】5年間で86万人も減少

【2020年国勢調査の人口速報値】5年間で86万人も減少

今回は、6月25日に公開された、

2020年国勢調査の人口速報値をご紹介します。

 

日本で少子高齢化が進んでいることは周知の事実です。

では、実際の数値はどのような状況なのでしょうか。

 

【参考】

令和2年国勢調査 調査の結果|総務省統計局

 

1. 2015年の調査から約86万人減少

■—————————————————————————————

2020年国勢調査の人口速報値が公表され、

2020年10月1日時点での国内総人口(外国人含む)は、

1億2622万6568人でした。

これは、前回の2015年調査から86万8177人の減少です。

 

都道府県別に見ると、

東京圏や大阪、沖縄などを除く38の道府県で人口が減少しています。

単身世帯が増加している点も特徴です。

 

2. 各国と比較すると初の10位圏外

■—————————————————————————————

国連が推計した調査をもとに各国の人口を比べると、

日本は11位であり、メキシコに抜かれています。

 

10位圏外は初であり、世界的に見ても、

日本の人口減少は進んでいる状況です。

 

3. 人口減少を見据えた事業戦略を

■—————————————————————————————

人口減少が進んでいると分かっていながらも、

実際の数値を見て驚いた人は多いのではないでしょうか。

 

日本の人口減少は今後も進行すると見込まれ、

同時に、労働力は減少します。

 

人材不足で悩む前に、

デジタル化の推進や採用方法の工夫など、事業戦略を練ることが重要です。