社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【転職市場の求人数が増加】人材の確保が活発化している

【転職市場の求人数が増加】人材の確保が活発化している

今回は、転職市場の求人状況についてご紹介します。

 

2020年はコロナ禍で経済が落ち込み、企業の採用活動も停滞していました。

ワクチン接種も始まり、少しずつ経済回復の兆しが見えてきた現在は、

どのような状況なのでしょうか。

 

1. 大手転職サイトで求人数が増加

■—————————————————————————————

大手転職サイト「エン転職」に掲載されている緊急事態宣言下の求人を比べると、

3回目(4月25日~5月31日)の求人数は、前年同時期の2.1倍です。

 

同じく大手転職サービスの「マイナビ転職」では、

4月の求人数が前年同時期の95%増となっています。

 

経済活動の再開を見据え、即戦力人材の確保が活発化してきていると言えます。

 

2. 中途採用の年収相場も上昇している

■—————————————————————————————

転職市場の傾向として、年収相場が上昇しています。

マイナビ転職で4月に掲載されていた求人の年収は、452万9千円。

3月から0.5%の増加です。

 

即戦力人材の確保を狙う企業の思惑が、

求人の年収にも表れていると言えます。

 

3. 転職市場再開の波に乗ろう

■—————————————————————————————

転職市場の状況を見ると、

中途採用が活発化してきていることが分かりました。

 

賃金が上昇傾向にあることからも、

臨時的な補充ではなく、長い目で見た事業戦略に沿った採用だと言えます。

 

コロナ禍で採用活動を抑えていた中小企業の皆さまも、

競合に出遅れないために、採用活動の再開を検討してみてはいかがでしょうか。