社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【仕事のストレス】コロナ禍で増加傾向!理由も解説

【仕事のストレス】コロナ禍で増加傾向!理由も解説

今回は、

コロナ禍における仕事へのストレスについてご紹介します。

 

コロナ流行の前後で、仕事の形は大きく変化しました。

労働者が仕事に抱くストレスは、どのように変わったのでしょうか。

 

1. 転職希望者の約半数がストレス増加

■—————————————————————————————

大手総合求人サイトを運営しているエン・ジャパン株式会社は、

コロナ禍における仕事のストレスについて調査しました。

 

調査の結果、転職を検討している人の54%が、

コロナ禍でストレスが増加したと回答しています。

変わらなかった人は37%。減った人は9%です。

 

出典:コロナ禍における仕事のストレス調査|エン・ジャパン株式会社

 

2. ストレスが増えた理由は?

■—————————————————————————————

業種別に見ると、特に販売・サービス系や医療・福祉系では、

ストレスが増えた人が多い傾向にあります。

いずれも、コロナによる影響が大きかった業界です。

 

仕事のストレスが増えた理由としては、

「お客さんの減少によりシフトに入れない」

「マスクや消毒に関してお客さんからのクレームが増えた」

「売上が落ちて賞与がなくなった」

などが挙げられています。

 

3. 従業員のストレスケアを入念に

■—————————————————————————————

コロナ禍では、以前よりも仕事にストレスを抱えやすい傾向です。

特に、対面でのサービスがメインの業種は、

ストレスの度合いが増しています。

 

コロナ禍でのストレスを軽減するためには、

企業からのフォローが重要です。

 

自社の体制やサービス提供の形を見直しながら、

入念なストレスケアを行ってください。