社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【失業者の状況】企業ができる対策までご紹介

【失業者の状況】企業ができる対策までご紹介

 

今回は、コロナ禍における失業者の状況について、

詳しくご紹介したいと思います。

皆さまの企業における、人事戦略や経営戦略の参考にしてください。

 

1. 希望する仕事がない失業者は30%

■—————————————————————————————

総務省が公表した労働力調査(2021年1~3月集計)によると、

同期間の失業者は214万人。

このうち、「希望する種類・内容の仕事がない」と答えた人は、

全体の30%でした。コロナ禍では、これまでも3割台が継続しています。

 

飲食や宿泊関係は働き口がない一方で、

医療や福祉、IT関係などは一定の求人数を維持しています。

ただし、失業者とスキルや希望が合わず、雇用は実現していない状態です。

 

【参考】

労働力調査(詳細集計)|総務省統計局

 

2. 失業は長期化している

■—————————————————————————————

同調査によると、2021年1月~3月で失業期間が1年以上になった人は、

65万人(前年同時期+8万人)です。

6ヵ月~1年未満の人も39万人(前年同時期+13万人)を記録しています。

 

コロナ禍での再就職は長期化する傾向にあり、

多くの失業者が困難な状況に置かれていると分かります。

 

3. 転籍制度の導入や副業によるスキル向上なども必要

■—————————————————————————————

コロナ禍で失業すると再就職は難しい現状です。

仮に人員整理を行う場合、企業としては、

異業界・職種への移行も可能となるような取り組みが必要となります。

 

たとえば、転籍できる仕組みの導入や、

副業によるスキル習得の促進などが挙げられます。

 

コロナ禍における失業者の状況を踏まえ、

ぜひ皆さまの企業でも対策を検討してみてください。