社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【テレワークの動向】6割の企業が継続予定!未実施は2割に

【テレワークの動向】6割の企業が継続予定!未実施は2割に

今回は、テレワークの継続に関する動向について、

民間調査の結果をもとにご紹介します。

 

ぜひ、自社におけるテレワーク運用の参考にしてください。

 

1. 6割がテレワークを継続予定!

■—————————————————————————————

人材サービスを手掛けるパーソルキャリアは、

今後も在宅勤務・テレワークを継続するか、1094名の採用担当者に調査しました。

※調査は1月実施

 

在宅勤務・テレワークを今後も継続すると回答した割合は63%。

感染拡大前から一貫して実施していない企業は、わずか21%でした。

 

2. 実施・未実施、それぞれの理由は?

■—————————————————————————————

テレワークの実施・未実施について、それぞれの理由も見ていきましょう。

まず、実施している理由では、「社員の安全の確保」が92%でトップ。

以降、「柔軟な働き方の実現」(66%)「社員のワークライフバランスの確保」(48%)

と続きます。

 

未実施の理由としては、「業務の都合上、出社が必要」が75%で最多です。

ほかにも、「テレワークの環境が整っていない」(34%)などの回答もあります。

 

3. テレワークの実施は長期的な目線で

■—————————————————————————————

今回の調査から、テレワークは一過性のものではなく、

将来に向けて継続して実施する動きが強いと言えます。

 

テレワークを本格的に実施する企業が増えるほど、

社会的なニーズも大きくなるでしょう。

実際に、今回ご紹介した調査では、前回の調査よりも

「テレワークを継続する」と回答した割合が11ポイント増加しています。

 

皆さまの企業においても、

ぜひ、長期的な目線でテレワークを整備・運用してください。

 

 

社会保険労務士法人アンブレラでは、テレワークの運用をサポートします。

 

相談料は無料です。

すでに運用している企業も、これから導入する企業も、

ぜひ気軽にご相談ください。