社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【介護保険料の見直し】21年度はどうなる?制度の基礎知識も

【介護保険料の見直し】21年度はどうなる?制度の基礎知識も

 

今回は、

21年度に行われる介護保険料の見直しについてご紹介します。

 

介護保険の基礎知識も解説するため、

制度内容をおさらいしたい人もぜひ参考にしてください。

 

1. 2021年度は保険料が上がる可能性がある

■—————————————————————————————

介護保険料は、原則3年ごとに見直しが行われます。

2021年度は見直しが予定されている年です。

 

介護保険料は、少子高齢化を背景にこれまで上昇を続けてきました。

介護保険制度が始まった当時と比べると、約2倍となっています。

 

少子高齢化がさらに進行し、介護サービスを利用する人が増えている現状から、

今年度も保険料が上がる可能性があります。

 

2. そもそも介護保険って?

■—————————————————————————————

介護保険とは、自分が介護を受ける際の負担が軽くなるよう、

40歳以降に納付義務が発生する公的な保険制度です。

会社員や公務員であれば、毎月の給与から天引きして支払われています。

 

要介護者を社会全体で支えることを目的に、

2000年4月から実施されました。

 

受けられる介護サービスは多岐にわたり、

在宅介護や施設介護など、症状の程度やニーズに応じた利用が可能です。

 

3. 今後の動向に注目して正確に対応しよう

■—————————————————————————————

介護保険料の変更有無や具体的な保険料については、

今後国から公表されます。

 

保険料が変更された場合、企業としては

対象従業員への周知や給与計算への反映などの対応が必要です。

 

仮に情報を確認していなかった場合、上記の対応が漏れ、

トラブルが発生する可能性があります。

今後の動向に注目し、正しい対応をとることが重要です。