社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【東京と関西のテレワーク浸透度の違い】中小企業への助言も

【東京と関西のテレワーク浸透度の違い】中小企業への助言も

 

中小企業にも焦点を当てて解説するため、

ぜひ皆さまの企業におけるテレワーク導入の参考にしてください。

 

1. 関西は東京よりもテレワークが浸透していない

■―――――――――――――――――――――――――――――

新型コロナウイルスの影響によりテレワークが全国的に浸透していますが、

関西では東京よりも導入が遅れています。

 

日本経済新聞の分析によれば、

3月23日・4月2日に職場にいた人の割合を1月3日・2月6日と比較すると、

大阪と京都では12・14%減、兵庫は11・13%です。

一方で、東京はほとんどの日で減少率が20%となっています。

 

また、住宅にいた人の割合を比較すると、関西の各府県は、

東京よりも増加率が低い結果が出ています。

 

2. テレワークを導入しづらい理由は?

■―――――――――――――――――――――――――――――

関西でテレワークが浸透していない理由としては、

製造業が多いことが考えられます。

 

現場仕事では、在宅勤務で業務を成り立たせることが困難です。

現場自体も密な状況にはなりにくいと言えます。

各製造業では、アクリル板を設置するなど、

職場での感染対策を実施しながら、従業員の出勤を続けています。

 

ほかにも、関西は中小企業が多いこともテレワークが浸透しづらい理由です。

資金的にテレワーク環境の整備が難しく、

導入したくても進められない現状もあります。

 

3. 中小企業のテレワーク導入には業務の分解が重要

■―――――――――――――――――――――――――――――

皆さまの企業においても、

資金面の理由からテレワークの導入が進んでいないケースがあるかと思います。

 

資金面がテレワーク導入の障害となっている場合は、

業務を分解してみることがおすすめです。

 

分解したうえで、業務の優先度や必要コスト、

在宅でできるかどうか、などを整理してみましょう。

一気にテレワークを導入するのではなく、徐々に進めることが重要です。