社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【女性採用のヒント】女性の正規雇用率は20代後半をピークに減少 

【女性採用のヒント】女性の正規雇用率は20代後半をピークに減少 

 

 

今回は、女性の就業率について深掘りして解説します。

 

企業の女性採用に活かせるヒントも紹介するため、

ぜひ、皆さまの企業における採用活動の参考にしてください。

 

 

1. 女性の正規雇用率は20代後半をピークに大きく下がる

■—————————————————————————————

女性の社会進出に関連して最近生まれた用語が「L字カーブ」です。

L字カーブとは、女性の正規雇用率を年齢階層別の線グラフにした際に、

その様子が「L」を傾けたように見える様子を言います。

 

女性の社会進出が進んでいるといっても、多くは非正規雇用です。

そのため、正規雇用率は、子育て期の20代後半~30代前半を境に

減少の一途をたどっています。

 

 

2. 「働けない」女性の中には優秀な人材も多い

■—————————————————————————————

経済協力開発機構が2019年に実施した調査によると、

日本における大卒以上の女性労働力率は77.7%で、34か国中30位です。

平均も下回っています。

 

家庭に専念しているなどの理由で働けない女性の中には、

優秀な人材も多いと言えるでしょう。

 

 

3. 就業意欲が高い主婦をどのように雇用するか

■—————————————————————————————

優秀な女性が非正規雇用として勤務している、

または家庭に埋もれて働けていない中、採用方法の工夫次第では、

優秀な女性を確保できるでしょう。

 

たとえば、主婦採用があります。

主婦採用とは、専業主婦をターゲットにした採用方法のことです。

社会人経験があることから、特定のスキル・知識を有しており、

多くの場合、即戦力として活躍してくれます。

 

皆さまの今後の女性採用においては、

非正規雇用や主婦の採用も、重視してみてはいかがでしょうか。