社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【中小企業向けの制度融資が半減】東京都は5.5兆円から2.2兆円に

【中小企業向けの制度融資が半減】東京都は5.5兆円から2.2兆円に

今回は、都道府県で行われている制度融資の、

2021年度における情報をご紹介します。

 

前年度からの比較も紹介するため、

資金繰りを検討している企業は、特に参考にしてください。

 

1. 都道府県の制度融資は軒並み減少

■—————————————————————————————

日本経済新聞社が全都道府県を対象とした調査によると、

2021年度に想定する中小企業向けの融資枠は、前年比で半減でした。

 

東京都は5.5兆円から2.2兆円に減少する予定です。

そのほか、大阪は2.5兆円から0.6兆円、

愛知は1.8兆円から0.4兆円への減少が見込まれています。

 

2. 前年は「念のため」の借り入れが多かった

■—————————————————————————————

融資枠が減少している原因は、コロナ禍が長引いているため、

資金需要が縮小していることです。

 

また、2020年度は念のためお金を借り入れる企業も多くありました。

そのため、お金が残っており、

新たに借りる必要性がないケースもあります。

 

3. 皆さまの都道府県における制度融資枠をご確認ください

■—————————————————————————————

新型コロナウイルスの感染状況や収益状況によっては、

融資枠が当初の想定よりも増える可能性はあるでしょう。

 

しかし、今のところは、皆さまの企業が所在する都道府県においても、

制度融資枠が減少されると見込まれます。

 

資金繰りを予定している企業は、

早めに各都道府県の制度融資枠をご確認ください。
 助成金の相談はこちら