社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【週休3日制の動きが進む】政府は骨太の方針に盛り込む姿勢

【週休3日制の動きが進む】政府は骨太の方針に盛り込む姿勢

 

今回は、週休3日制の導入について、

世間の動きをご紹介します。

 

働き方の多様化が進んでいる中、

週休3日制の導入は進展するのでしょうか。

ぜひ、皆さまの企業における人事戦略の参考にしてください。

 

 

1. 政府は骨太の方針に「週休3日制」を盛り込む姿勢

■—————————————————————————————

政府は、今年度の「骨太の方針(経済財政運営と改革の基本方針)」に、

週休3日制についての内容を盛り込む姿勢を見せています。

高度な知識・スキルを身に付けてもらうために、

大学院などでの学び直しの促進を目的としています。

 

また、少子高齢化により労働人口は減少を続けている現状です。

そのため、社会全体として生産性を向上させる必要性が高いことも

背景にあります。

 

 

2. すでに週休3日制を導入している企業も

■—————————————————————————————

すでにいくつかの企業では、週休3日制を導入しています。

 

たとえば、みずほフィナンシャルグループでは、

5社のグループ会社で週休3~4日制を実施。

介護や大学院通学など特定の目的で取得でき、休み中は給与が2割減です

 

また、エンカレッジ・テクノロジ株式会社では、

1~3日の週休を自由に選べるようにしています。

所定労働時間自体は変更せず、勤務した日に長く働く仕組みです。

 

 

3. 週休3日制の導入にあたっては目的を明確に!

■—————————————————————————————

今後、社会的に週休3日制の動きが進んだ場合、

皆さまの企業においても導入・運用を検討する必要があるでしょう。

 

週休3日制の導入にあたっては、目的を明確にすることが重要です。

たとえば、「離職率の低下」「生産性向上」などが挙げられます。

 

また、目的を実現させるための制度設計も必要です。

自社の課題を整理しながら、

効果的な週休3日制の導入・運用を検討してください。