社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【AIによる作業効率化】ホテル清掃の事例から

【AIによる作業効率化】ホテル清掃の事例から

今回は、ホテル清掃の事例から

業務におけるAIの活用法についてご紹介します。

 

AIを業務に活用したいと思っていても、

具体的なイメージが湧かない方は多いのではないでしょうか。

 

ぜひ、自社におけるAI活用の参考としてください。

 

1. AIで人材配置を効率化

■—————————————————————————————

ビル管理を行っている北陸千代田株式会社は、

2020年に清掃業務を効率化するシステムを導入しました。

 

同システムでは、清掃スタッフを、速さ・正確さを基準にした4パターンに評価。

ホテルの予約状況とスタッフの出勤日を比較しながら、

適正な人材配置が可能となっています。

 

人員に余裕がある場合は、忙しいホテルの応援に回すなどの調整も可能となり、

効率的な人材配置で、ホテルのコスト削減に繋がっているようです。

 

 

2. クラウド上で情報を共有するシステムも

■—————————————————————————————

北菱電興の子会社・ホクリョーリードでは、

ホテルの清掃指示書や点検などの情報を

クラウド上で共有できるシステム「クレナビ」を開発しました。

 

紙でのやりとりが無くなることで、業務効率化やコスト削減が期待できます。

開発元では、管理業務全体の時間を半減できる見込みです。

 

 

3. AIの活用で生産性向上とコスト削減を

■—————————————————————————————

今回の事例で紹介したように、AIの活用は生産性向上やコスト削減に繋がります。

そのため、組織全体で生産性が下がっていると感じている場合などは、

AIの導入がおすすめです。

 

特に、単純作業をAIに任せることで、

ミスの減少や、従業員がコア業務に時間を割けるようになるメリットもあります。

 

ぜひ、組織の課題を整理したうえで、AIの導入を検討してみてください。