社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【コロナ禍の営業形態】今後どうなる?上新電機の事例から 

【コロナ禍の営業形態】今後どうなる?上新電機の事例から 

今回は、コロナ禍の営業形態について

上新電機の事例から解説します。

 

新型コロナウイルスの影響により、

変則的な営業形態を導入している企業は多いでしょう。

 

ぜひ、皆さまにおける企業経営の参考となれば幸いです。

 

1. 上新電機は今後も営業時間を短縮

■—————————————————————————————

上新電機は、新型コロナウイルスの影響で時短営業とし、

多くの店舗で営業時間を19時~20時までとしています。

今後も、営業時間の短縮を続ける意向です。

 

また、混雑回避を狙ったセール品の抽選販売も実施。

転売業者などが減り、お店のリピーターが増えたそうです。

 

2. 営業時間を短縮も業績は好調

■—————————————————————————————

上新電機の21年3月期の連結売上高は4350億円を記録しており、

これは前期比+5%です。

さらに、純利益は80億円となっており、こちらは48%増。

営業時間を短縮する中でも、確実に売上を伸ばしていることが分かります。

 

ざらに、営業時間短縮により早番や遅番を設ける必要がなくなったことで、

効率的な営業も可能となっているようです。

 

3. 企業ごとに柔軟な対応が必要

■—————————————————————————————

新型コロナウイルスの収束に目途が付かない中、

皆さまの企業においても、業務時間や店舗の営業時間に、

頭を悩ませているかと思います。

 

本メルマガの事例のように、営業時間の短縮には、

「人件費の削減」「業務の効率化向上」などのメリットもあります。

 

企業の実情を整理しながら、今後の営業形態について

柔軟に検討してみてください。