社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【増えるフリーランス】その背景は?企業が外注するメリットも!

【増えるフリーランス】その背景は?企業が外注するメリットも!

今回は、労働市場におけるフリーランスの現状についてご紹介します。

 

政府が「新しい働き方」を推奨していることも相まって、

フリーランスに対する注目度は高まっています。

 

企業がフリーランスに外注するメリットも紹介するため、

皆さまの事業経営においてもぜひ参考にしてください。

 

1. ココナラがマザーズ上場!登録者数は30%増

■—————————————————————————————

フリーランスの仲介を手掛けているココナラが、

3月19日、東証マザーズに上場しました。

 

ココナラでは、動画編集やデザイン、Web制作など、

さまざまなスキルの売買が可能。

登録者数は約200万人にも上り、

新型コロナウイルスが流行する前の約30%増です。

 

ココナラのほかにも、クラウドワークスやランサーズ、ビザスクなど、

多くのフリーランス仲介サービスが人気を集めています。

 

2. フリーランスの数が1,000万人を超える!

■—————————————————————————————

ランサーズの調査によれば、副業を含めると、

フリーランスの数は国内で1,034万人にも上ります。

これは、生産年齢人口の約15%です。

 

フリーランス増加の背景には、働き方の変化が挙げられます。

政府による新しい働き方の推進や終身雇用の崩壊、ジョブ型雇用の広まりなど、

要因はさまざまです。

 

フリーランスは今後も増え続けることが見込まれます。

 

3. フリーランスへの外注で企業の生産性がアップ!

■—————————————————————————————

中小企業事業所の皆さまにおいては、

人材が不足しているケースもあるかと思います。

 

フリーランスは、高い専門性を有していることが多いです。

そのため、人材不足に悩んでいる部署の業務を委託するなど、

フリーランスへの外注が、企業の生産性アップに繋がる効果が期待できます。

 

ただし、フリーランスに外注する際は、

スキルや業務内容に応じた適正な価格の提示が重要です。

 

雇用関係にはなくとも、働く機会を提供する立場として、

フリーランスが不利にならないように心がけをしましょう。