社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【働くシニア】職場に馴染む秘訣は?コンビニの事例 

【働くシニア】職場に馴染む秘訣は?コンビニの事例 

 

事例をもとに、シニアが職場に馴染むためのポイントも紹介するため、

ぜひ、皆さまの企業における職場環境の整備に役立ててください。

 

1. コンビニで活き活きと働くシニア達

■—————————————————————————————

コンビニで働くシニアが増えています。

コンビニは、就業先の選択肢が豊富なため、通いやすい場所を選ぶことが可能。

シフトも調整しやすい点が人気の背景です。

 

ローソン下北沢駅西口店で働く女性は70歳。

レジ打ちや品出し、トイレ掃除と幅広い仕事をこなしています。

 

セブンイレブン千代田二番町店では、73歳の男性を採用。

平日の8時~16時まで、パワフルに働いています。

 

2. 職場に馴染む秘訣は従業員同士の助け合い

■—————————————————————————————

活躍している2人のシニアに共通している点が、

他の従業員からの助けを得ていること。

 

ローソンで働く女性は、「新しいサービスに対応できずにいると、

若い従業員が助けてくれる」と述べています。

 

セブンイレブンで働く男性も、初めは不慣れなレジの操作に戸惑ったものの、

従業員にサポートしてもらいながら仕事に慣れたそうです。

 

3. シニアが働きやすい態勢の整備を

■—————————————————————————————

高齢の求職者が増加している現状から、

今後皆さまの企業においても、高齢者からの応募が増えることが考えられます。

 

特に、セカンドキャリアを見据えた高齢者は、

異なる職種から転職してくる場合も多いでしょう。

そのため、各企業には、

高齢者が馴染みやすい体制を整備することが求められます。

 

シニア採用に関する従業員への理解促進、

教育体制の整備など、ぜひ、各企業でできる取り組みを検討してください。