社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【休業支援金を知っていますか?】企業側の負担ゼロで雇用維持が可能! 

【休業支援金を知っていますか?】企業側の負担ゼロで雇用維持が可能! 

皆さまは、休業支援金の制度内容をご存じでしょうか。

休業支援金は、コロナ禍における雇用維持を支援するための制度です。

 

詳しい制度内容や現状の認知度なども紹介するため、

中小企業事業所の皆さまも、コロナ禍における雇用維持に役立ててください。

 

1. そもそも休業支援金とは?

■—————————————————————————————

休業支援金とは、中小企業の従業員が休業し、

休業手当を受け取っていない場合に利用できる給付金制度です。

月額33万円を上限とし、休業前の8割に該当する額が支給されます。

 

また、全額が国から従業員に直接給付されるため、企業の負担はありません。

 

さらに、離職した後でも申請できることから、

生活が苦しい人を幅広く支援する制度だと言えます。

 

2. 認知度の低さから、国の予算執行はたったの1割

■—————————————————————————————

休業支援金は、認知度が低く、

国が設けている予算の1割にあたる額しか執行されていない現状です。

 

国が緊急的に導入した制度であるため、

制度開始から半年以上経った今でも、あまり知られていません。

 

野村総合研究所の調査によると、

コロナの影響でシフト削減があったパート・アルバイトで働く女性のうち、

休業支援金を「知らなかった」または「よく知らなかった」と答えた割合は

8割を超えています。

 

3. 従業員を休業させる場合は、休業支援金の周知を!

■—————————————————————————————

中小企業事業所の皆さまにおいても、

従業員の休業を検討している場合があるかと思います。

すでに実施したケースもあるでしょう。

 

従業員を休業させるにあたって休業手当の支給が難しい場合は、

休業支援金の利用を周知してください。

休業支援金は、企業側の負担がないため、

企業と従業員の双方にとってメリットの大きい制度です。

 

【参考】

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金|厚生労働省