社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【転職者の企業選びに変化が】中小企業はどう対策するべき?

【転職者の企業選びに変化が】中小企業はどう対策するべき?

今回は、転職希望者が企業を選ぶ基準について紹介します。

 

新型コロナウイルスの影響により働き方が大きく変わる中、

転職希望者が企業に求める条件も変化しています。

 

中小企業事業所に必要な対策も紹介するため、

ぜひ、転職希望者を獲得するために活かしてください。

 

1. 「働き方」や「企業の将来性」などが上位に

■—————————————————————————————

大手人材サービス会社エン・ジャパンの調査によると、

転職希望者の4割が「企業選びの軸が変わった」と回答。

 

重視するようになった基準としては、

「希望の働き方ができるか(42%)」、「企業・事業に将来性があるか(38%)」

が特に多い結果となっています。

※複数回答あり

 

以前は「待遇」や「やりがい」が上位だったことから、

人々にとっての仕事の在り方が、変化していると言えるでしょう。

 

 

2. 企業選びの基準が変わった年代は30代が最多

■—————————————————————————————

企業選びの基準が変化した人が最も多かった年代が30代(44%)。

 

30代は、ある程度の社会人経験を積んでいる一方で、

まだまだキャリア構築が可能な年代です。

さらに、出産や結婚、育児などのライフイベントが多い年代でもあります。

 

企業に働き方や将来性を求めている人が多いことから、

ワークライフバランスや長期的な就業を視野に、

転職するケースが多いのではないでしょうか。

 

3. 転職者のニーズに応えるために働き方の見直しを!

■—————————————————————————————

労働人口の社会的な減少や採用コストの問題などから、

規模が小さい企業ほど、転職希望者の獲得が難しい傾向にあります。

 

そのため、優秀な人材を獲得するためには、

転職希望者のニーズに応えることが重要です。

特に、「働き方」はすぐにでも見直し可能な要素だと言えます。

 

たとえば、テレワークの導入や副業解禁、福利厚生の拡充など、

働き方の整備を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

社会保険労務士法人アンブレラでは、

働き方の整備に関する相談も承ります。

 

企業の実情や皆さまのお悩みに応じて、最適な方法を提案いたします。

相談料は無料ですので、ぜひ気軽にご相談ください。
 助成金の相談はこちら