社会保険労務士法人アンブレラ/助成金申請代行専門の社会保険労務士事務所

  1. HOME
  2.   / 
  3. コラム
  4.   / 
  5. 【就活解禁!】中小企業が採用活動を成功させるには?

【就活解禁!】中小企業が採用活動を成功させるには?

3月1日に2022年卒学生の就職活動が解禁されました。

そこで今回のメルマガでは、就職活動における全体の動向をご紹介します。

 

新型コロナウイルスの影響で人々の生活が一変している中、

就職活動の在り方は、どのように変化したのでしょうか。

 

中小企業が採用を成功させるポイントも紹介するため、

皆さまにおける採用活動の参考となれば幸いです。

 

1. 対面での企業説明会が開催される

■—————————————————————————————

リクルートキャリアは、全国各地で対面での合同説明会を開催。

大勢で行われる合同説明会は、実に2年ぶりです。

 

さらに、マイナビでも、同じ日に横浜市などで合同説明会を開催しています。

 

両社とも、参加者制限や整理券の配布など、

感染対策には万全を期しての開催です。

 

学生からは、「企業の熱意を感じられる」、「担当者と直接話せる」

などの理由から、対面での説明会開催を喜ぶ声が上がっています。

 

2. 採用活動の前倒しが進む

■—————————————————————————————

採用活動を前倒しして実施する企業が増加傾向です。

 

採用情報を調査している株式会社ディスコによると、

13.5%もの学生が、2月1日時点で内定を得ています。

 

採用活動が解禁される前にインターンなどを実施し、

早いうちに学生を確保する動きが強まっています。

 

3. 学生との早期接触や対面・リモートの使い分けで人材確保を!

■—————————————————————————————

中小企業事業所の皆さまにおいても、

コロナ禍で採用活動に苦しんでいるケースが多いのではないでしょうか。

 

規模が小さい企業ほど、大卒求人倍率は高い傾向にあります。

ほかの企業に遅れをとらないためには、

インターンなどを行い、学生との早期接触を図ることが重要です。

 

また、対面とリモートでの説明会を使い分けながら、

学生のニーズに上手く応えることもポイントとなります。

 

皆さまの採用活動が成功することを願っております。